歯医者の回数が多いのはなぜ?ホワイトニング事情や歯石のはなし

以前までのタバコのヤニ取りや茶しぶ汚れはハミガキでは落ちにくい剥がすことのできない汚れを洗浄するには強い研磨ハミガキを使用することが普通なときも方法としてはありました。寝起きのお口の中の雑菌は約10gと多めで雑菌をこのまま洗浄せずに何かを食べているとしたら10グラムの菌も同時に飲み込んでいることになります。なんともゾッとしてしまうことですが体内に菌をたくさん飲み込んだ結果、体の異常を引き起こす原因ともなります。

実験で毎日のハミガキをしない人とする人との比較した結果雑菌を送り込んでいることでガンを引き起こす原因となる論文を出されている医者もいるくらいです。このような病気の原因いがいでも雑菌をそのままにしていることは歯垢の沈着につながることがわかっています。

のちに歯石とかわる歯垢の塊は菌がくらしやすい場所が増加してしまいます。

歯ぐきの病気の原因も雑菌が増加することも一番の原因でお口のケアをもう少しまじめに取り組んでも良いのではないかと思います。

電動ハブラシを利用するときは市販の歯磨き粉を常用するよりも電動ハブラシ専用のホワイトニングハミガキを利用するほうが歯をより傷つけることなくホワイトニングケアできます。早く、キレイに輝く白い歯にしたい場合には時間をとられずに白くできるオフィスブリーチングをおすすめします。

一定の周期で歯の汚れを落としたいけど、料金をできるだけ抑えたいひとにはホームブリーチングを推奨します。

ただしホームブリーチングだと薬剤が弱い分ものを使うので、じっくりと1ヶ月ほどかけて自分がなりたい白さになっていくという感じです。

セラミックを使用すると時間をかけずに歯を白くすることができます。だけど、トーンを間違えると皮膚や肌の色に合わない白さはまさに胡散臭いイメージを与えることがあります。

フッ素配合のオーラルケアを使用して歯の強化や虫歯予防をしようという人も増えていると思います。

いまフッ素配合のデンタルアイテムは以前から良く売れていていまでも多くの人がフッ素配合の歯磨き粉を使っていると思います。なかにはわからない成分を使うのはフッ素はなんか怖いとか毛嫌いしている方も存在しますがフッ素は身近なものでわたしたちの体にも存在しています。

たぶんフッ素が入っているデンタル製品をとることに対して消極的な方は「フッ素中毒」というワードがひとり歩きしてしまっていて不安に感じるひともいるでしょう。

というのも、昔日本では家庭用水にフッ素の含有率が多い地域がありました。これがもとでフッ素中毒を起こした経緯があるそうです。調べると、このときは当時、生活水の管理は甘く結果的に1971年には宝塚市斑状歯訴訟がおこっています。今は水質調査の技術も進んでいるので水道水からフッ素中毒になるようなことはありません。

ステインイレーサーというアイテムをご存知ですか?アマゾンなどでも買えるステイン除去消しゴムは通常どうやっても落ちないような色素沈着を集中的にこそぎ落とします。

なので研磨剤配合の歯磨き粉に似ています。

フッ素というと人間が常日頃、海産物や野菜、お茶などの食品から微量にも摂取している元素の1つであり、人間の骨などにも存在している元素です。カラダへの残留を気にする方もおられるようですが実はそんなことはなくてフッ素というのは一定排泄されます。歯磨きに添加されているフッ素は飲み込むことはほぼないので体内にのこることはおしっこに流れていくでしょう。ポリリン酸ナトリウム配合のホワイトニング剤だと落ちにくいステインの付着や黄ばみを除々に改善していきながら、変色の再付着を防ぐので歯の白さを保つことができます。

歯医者の診療に日数を費やす理由は他にも保険制度の観点から治療回数を抑制する規制が決められているそうです。

例をあげると歯石の除去であっても制限があります。

一回で歯石をとることは基本してはいけないようで数回に分けて取り除く治療が決められています。

そして患部の様子によっても軽度の虫歯であれば1回で済ませますが、大きく削ったり、深層まで削るなどになると原則としては回数をわけるようになっています。歯を抜く時なども別の歯を同じ日に治療することは少ないです。

しつこいステインを分解除去してくれるポリリン酸ナトリウムはブリーチング剤のようなお薬ではないので歯肉がシミたりすることなくホワイトニングを行うことができます。

時間がないひとでも毎日のブラッシングでステイン汚れの分解をしてくれるケア製品を使うことで黄ばみを解消しながら、再付着も防いでくれるのです。ニオイの強い飲食をされたときなどの一過性の口臭とはべつに慢性的なことが原因で起きる口臭があります。体調が原因の場合は寝起きのさいのお口の粘つきを感じたり、口のニオイが気になる人は常日ごろからお口のケアに気を使う必要があります。匂いが続くという場合は朝起きた手の口臭はお口の中の雑菌が増えていること、雑菌を増やしてしまう原因は口の中の唾液が出にくくなっているか、減少してしまっていることが一番の原句であるといわれています。就寝時には体内の水分が著しく蒸発していて、全身の毛穴から目、口、鼻、すべての部位から水分は逃げていきます。

口を開けて寝ていると口の中が乾いていることがよくあるという人はニオイの原因になる菌が増殖してしまいます。

歯のホワイトニングケア製品は歯を白くするだけでなくリンゴ酸やポリアスパラギン酸配合のステイン除去製品には歯周病や歯肉炎の予防、しかも、お口の中の細菌をおさえて口臭を防ぐこともしてくれるのでオールマイティに口内環境を整えます。

美歯を保つことは美容室にいくように当たり前になりつつあります。むしろ、メイクや髪型に時間を費やして見た目は綺麗に見えても歯が汚ければ台無しになってしまいます。

フッ素はなんでむし歯に有効なのか?フッ素は虫歯の予防としてホワイトニング剤などにも含まれている場合があります。フッ素が配合される製品にはエナメル質を強化することが知られています。その構造はエナメル質を形作るハイドロキシアパタイトとフッ素が反応することで歯表面の石灰化がすすみ、エナメル質を強固にしていくことがわかっています。そして傷や削れたエナメル質を修繕する作用をもっています。

むし歯の歯を守ってくれるのです。ということは、ヒドロキシアパタイトが主成分のハミガキペーストには一緒にフッ素が配合されたものをチョイスするとエナメル質がもっと強化されやすいです。

私たちの歯の色調は本来、白色をしていません。

大抵の場合歯の色調というのは黄色に近い白色だといいます。一説には皮膚のカラーと同様に単体がもつ色素と連携して歯色は固定されるのだといいます。漂白剤を使うブリーチングはその人本来がもつ歯の黄ばみもできる施術なんです。

歯医者というのは何回も歯医者に出向く必要があるのか?人間がお口を開けられているタイムミリットに限度があるよでいいところ、30分が限界だそうです。

それを超過してしまう治療となると顎関節炎などの歯の治療以外のところで支障が出てきてしまうのだそうです。

更には連続して治療を行うといわゆる噛み合わせがズレる危険があるそうです。そんなことでと思うかもしれませんが、あとになってから異常がみつかることも心配されることで規制があるといいます。なので1回の治療にかける時間はあらかた決められているのだそうです。いっけん輝く白い歯でも、口内の雑菌は存在します。人工物でカバーするセラミックなどでは口腔トラブルや匂いが気になるというひとがいます。なので、普段から歯科医院でメンテンナンスを受診するかご自分でも口腔ケアを意識する必要はあります。

近頃、学生さんからでも若者にも当たり前になっているホワイトニングサロンなどが小さなスペースやビルの一角などにありますね。

この場合、医者が施術するわけではなくステインの脱色ではなくてポリリン酸ナトリウムセルフ施術がホワイトニングサロンの手法です。ブリーチングは施術費用に最低でも3万円は負担となります。

そして納得いく歯の色にすまでには過酸化水素などの薬剤を使用することも忘れてはなりません。ポリアスパラギン酸配合の着色汚れの化学分解はしんどい手間を必要としません。外出することもせずにやりたいときにブラッシングを交換してしまえばホワイトニングをすることができます。とかく日本人は世界でも綺麗好きと有名なのに歯の健康、美容にかんしては意識が最低であるといわれます。

ホワイトニングなどのクリニックやエステ的な場所も増えてはいるものの、クリーニングのためだけに歯医者に訪れるひとも少ないようです。

歯科に通うことを怠るのも歯を削るあの音が苦手という方もいるでしょう。しかし、近頃の歯科医院も音がしないものもあったりと日々進化はしているようです。カレーやビーフシチュー、コーヒー、ワインなど色素が残る食べ物にはポリフェノールが含まれているので、食事の都度にいただくといつの間にか歯の黄ばみの原因となっている場合があります。

セラミック歯ですが元ある歯に被せ物を施す歯科医院などでも新しくなっていて質感などもセラミック以外にコンポレッドレジンやジルコニアなどの人工ダイヤを使用したセラミックやもっとハイエンドなのはイーマックスセラミックといってニケイ酸ガラスのセラミックを素材とした白さだけでなく透明感を追求した新しいセラミック素材も出ており価格もジルコニアなどよりも安価であることから硬くてもろくなくビジュアルも良くて安い!ということでセラミッククラウンを申し込むひとも増加傾向にあるようです。

美容歯科などでも使用されているポリリン酸ナトリウムやポリアスパラギン酸ナトリウムが入っている歯を白くするアイテムが利用者の評判も上々で有名人にも紹介しているひとがいたことでいままでのステインクリーンよりもポリリン酸が入っているホワイトニングが売上もよいです。

ポリリン酸は黄ばみや落ちにくい色素沈着を分解して落とすことから研磨剤ははいっていません。どちらかというとステインを浮き上がらせて落とします。

色素沈着の原因はポリフェノール色素の豊富な食物を頻度よく飲食していること加齢による内部の象牙質の黄色みが強くなると外面にすけてみえるので黄ばみが目立つようになります。親ゆずりの歯の黄ばみが強いという方など遺伝上象牙質か歯の表面が黄色をしていることがあります。毎朝、毎晩のお口のケアと同様に意識せずにステイン除去することが可能であれば、こんなにラクなものはありません。ポリリン酸ナトリウムが入った専用ホワイトニング剤だと簡単に実現できます。

あと意外に多い意見に一度歯医者に行くと何回か通院することになります。

ちゃんと治療に出向くのもおっくうになってしまい、何回か行かなくなるうちにどうしても行きづらくなることもあるようです。

其れにしても、歯医者は何故あんなに治療までの回数が増えるのか?スケジュールを集中させれば短期間で治療も済みそうなものですがいくつかの訳があるというのです。

歯医者でできるクリーニングは何回もやってもらうっているうちに、表面だけの汚れで間もない汚れであると落とすことが出来ることもあります。

しかしながら、それだけのために通院するのもめんどくさがり屋さんには自分でブリーチングをするという選択もあります。

自分で買える歯を白くする製品も多種にわたって出ていますが、一般的なステイン除去製品では劇的な効果がないという方もいます。

かかりつけのデンタルクリニックでは簡易的な落ちにくい汚れのお掃除をおこなう歯医者もありますが、酷い汚れ簡単に落ちるものでもないのです。

続いて≫歯の着色を自宅で落とす

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする